読み込み中 . . .
中止

オグロオトメエイ

Himantura fai Jordan and Seale, 1906

分布 国内で標本による記録は沖縄県西表島のみ。~インド・西太平洋、バンダ海、ミクロネシア。
特徴 尾の背・腹両面に皮褶や隆起線はない。大きな尾棘がある。体背面は一様に暗茶褐色、腹面の縁辺は黒褐色、内側は紫褐色、尾は一様に暗褐で、縞や斑模様はない。体盤幅1mを超える大型種。
生息環境 河口域や内湾、サンゴ礁域に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島漁港内(湾港)で撮ったオグロオトメエイ

日本 鹿児島県 喜界島漁港内(湾港)

2002.05.12

珍魚ハンターwataiyuさんが日本 東京都 小笠原村 父島で撮ったオグロオトメエイ

日本 東京都 小笠原村 父島

2019.09.26

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島漁港内(湾港)で撮ったオグロオトメエイ

日本 鹿児島県 喜界島漁港内(湾港)

2002.05.12

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館で撮ったオグロオトメエイ

日本 沖縄県 美ら海水族館

2018.11.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する