ユメカサゴ

Helicolenus hilgendorfi (Steindachner and Döderlein, 1884)

形態・特徴 体色は赤みを帯び、体側には赤色帯があることが多い。胸鰭上半部は浅く湾入する。胸鰭腋部には皮弁がある。鰓蓋上方に黒色斑が出ることが多い。体長25cmほど。
分布 岩手県以南。朝鮮半島南部、東シナ海。水深150~500mの砂泥底にすむ。
生息環境 普通は水深200-500mで漁獲されるが、たまに100mより浅いところにも生息する。
食性 魚類や甲殻類を主に捕食し、成長につれ甲殻類よりも魚類を捕食することが多くなる。
その他 卵胎生で1-3月ごろに産仔するといわれている。沖合底曳網や深海釣りなどで漁獲され、食用となる。惣菜、干物などで美味なものとされている。
ユメカサゴの中には色彩が変わっているものがいるようで、再検討が必要と思われる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません