シノノメサカタザメ

Rhina ancylostoma (Bloch and Schneider, 1801)

分布 南日本太平洋岸、青森県、秋田県、新潟県、山口県、愛媛県八幡浜、琉球列島、尖閣諸島。~台湾、中国、インド-西太平洋、紅海、ペルシャ湾。
特徴 サメとエイを足して割ったような姿をしている奇妙な魚で、鰓孔が体の腹面に開くためエイ上目に分類されている。背鰭は2基で非常に大きく、第1背鰭は腹鰭とほぼ同じ位置にある。トンガリサカタザメに似ているが、吻端は丸みをおびる。両眼の内側や、胸鰭間の背面に肥大した棘の列がある。体側には白色の虫食い状の模様がある。大型種で全長2.7mに達する。
生息環境 熱帯~温帯の砂底にすみ、活発に遊泳する。水深150m以浅に生息する。
食性 底生動物や小魚を捕食する。
その他 日本ではまれにしか漁獲されず食用とはされていない。水族館で飼育されていることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

遠藤政文さんが日本 沖縄県 石垣島東で撮ったシノノメサカタザメ

日本 沖縄県 石垣島東

2011.07.08

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館で撮ったシノノメサカタザメ

日本 沖縄県 美ら海水族館

2018.02.22

ミストラルさんが日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館で撮ったシノノメサカタザメ

日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館

2024.04.11

ミストラルさんが日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館で撮ったシノノメサカタザメ

日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館

2024.04.11