読み込み中 . . .
中止

ダイナンギンポ

Dictyosoma burgeri van der Hoeven, 1855

形態・特徴 体はやや長くて太い。体側には側線が背中から腹側へ走っているという特徴をもつ。ベニツケギンポは、本種によくにているが、生時に鰓蓋の上端部に朱斑があるが、本種の成魚では消失する。また本種では躯幹部腹側の側線がないか、あっても中断するのに対し、ベニツケギンポでは躯幹部腹側にもつながった側線をもつ。ベニツケギンポよりもやや大きくなり、体長30cm近くになる。
分布 日本各地。朝鮮半島南部、遼東半島。岩礁域の潮間帯にすむ。
生息環境 ほぼ各地沿岸の磯、潮溜まり、防波堤などに生息する。ごく浅いところ、潮間帯に多くみられる。
食性 甲殻類やゴカイなどを捕食する。
その他 穴釣りではよく釣れる外道である。本種はニシキギンポ科のギンポとよく混同されるが、側線の形状は大きく異なっている。食用として利用されることはあまりないようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません