読み込み中 . . .
中止

ブリ

Seriola quinqueradiata Temminck and Schlegel, 1845

特徴 全長1m。ヒラマサに似るが、上顎後端の上角が角ばっている。また、ヒラマサの胸鰭は腹鰭よりも短いが、ブリの胸鰭と腹鰭は同じ長さである。
分布 琉球列島をのぞく日本各地、朝鮮半島。沿岸の中・下層にすむ。
生息環境 沿岸の中層に生息する。稚魚は浮遊性で流れ藻などにつき、生活する。
食性 肉食性で、幼魚の時はプランクトン食性だが、成長するにつれて魚食性になる。甲殻類やイワシ類から大型の魚まで幅広く捕食する。
その他 ブリ属のヒラマサ、ヒレナガカンパチ、カンパチは世界の温帯・熱帯海域に広く分布するが、ブリは琉球列島えお除く日本各地に分布する。ブリだけは同属他種とは違う環境に適してきたと思われる。
出世魚で、各地で呼び名が色々ある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません