ヒガンフグ

Takifugu pardalis (Temminck and Schlegel, 1850)

形態・特徴 体色は黄褐色から赤褐色、茶褐色。体側には大きな暗色斑があるが、若干の変異がある。体表にはクサフグやコモンフグに見られるような小棘はなく、瘤状の隆起が密にある。全長30cmを超える。
分布 日本各地の沿岸。黄海~東シナ海、ロシア。
生息環境 北海道から九州に至る日本各地の岩礁域、砂底、防波堤、砂・泥底に見られる普通種。
食性 甲殻類や軟体動物、多毛類などを捕食する。
その他 皮膚や腸、肝臓、生殖腺には強い毒がある。肉の毒性は地域により差があり、東北地方の一部では猛毒をもつことも知られ、その地域のものは食用が禁止されている。それ以外の地域では食用となる。調理はもちろん、プロにまかせること。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません