読み込み中 . . .
中止

ガラパゴスザメ

Carcharhinus galapagensis (Snodgrass and Heller, 1905)

分布 伊豆諸島、小笠原。~全世界の熱帯・亜熱帯海域。
特徴 ドタブカと非常によく似ている。尾鰭前脊椎骨数で両者は区別できるが、第1背鰭の高さは全長の9.6~12.2%、第2背鰭の後葉長は高さの1.3~1.6倍、である点などでも区別することができる。ただしこれらの値は両種でかぶることがある。クロトガリザメとは背鰭と胸鰭の位置関係で区別できる。全長3mを超える。
生息環境 外洋やその周辺の島嶼にすみ、小笠原では多くみられるという。水深285m以浅にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ガラパゴスザメ

日本 東京都 小笠原村 母島

2019.10.14

ガラパゴスザメ

日本 東京都 小笠原村 父島

2020.01.16

ガラパゴスザメ

日本 東京都 小笠原村 父島

2020.01.14

ガラパゴスザメ

日本 東京都 小笠原村 父島

2020.01.16

ガラパゴスザメ

日本 東京都 小笠原村 父島

2020.01.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する