読み込み中 . . .
中止

ハナザメ

Carcharhinus brevipinna (Müller and Henle, 1839)

分布 相模湾以南。全世界の熱帯・温帯域。沿岸の通常は30m以浅にすむ。
特徴 吻はよくとがる。全長130cmを超える個体の第1・2背鰭、胸鰭、臀鰭、尾鰭の先端や後端に黒色斑がみられるが、生まれたときにはこれはないようである。カマストガリザメと比べ、背鰭はやや低い。全長2mを超える。
生息環境 暖海の水深30m以浅に生息する。沿岸域にみられる。
その他 日本では主に定置網などで漁獲され、食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません