読み込み中 . . .
中止

レモンザメ

Negaprion acutidens (Rüppell, 1837)

分布 琉球列島、主に八重山諸島以南。インド・太平洋、紅海。
特徴 体は黄色っぽく、体形はネムリブカに似ており、第1背鰭と第2背鰭はほとんど同じ大きさである。しかし、背鰭や尾鰭の先端は白くなく、両顎歯の側尖頭を欠くことなどで区別できる。全長3.1mにもなる大型種。
生息環境 サンゴ礁域、内湾や浅いラグーンに生息する。
食性 動物食性で小魚や頭足類などを食うが、ヒトに対して攻撃した例もあるという。
その他 本種は大型の水槽を有する水族館などで飼育されていることがある。また、食用にもされている。レモンザメ属は本種のほか、東太平洋と大西洋に分布するニシレモンザメが知られている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 美ら海水族館

2018.05.14

日本 沖縄県 久米島 はての浜

2016.07.19

日本 沖縄県 名護市

2010.07.30

日本 沖縄県 名護市の魚市場

2016.07.21

日本 沖縄県 名護市の魚市場

2016.07.21

日本 沖縄県 名護市の魚市場

2016.07.21

日本 沖縄県 名護市の魚市場

2016.07.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する