読み込み中 . . .
中止

ウラウチフエダイ

Lutjanus goldiei (Macleay, 1882)

形態・特徴 ゴマフエダイによく似ているが、体高がやや高く、体側の横帯はゴマフエダイよりも幅が広い、背鰭軟条部の上半部及び尾鰭上葉の先端部が薄い黄色になる。体長60cmを超える。
分布 西表島浦内川。パプアニューギニア南部のラロキ川とフライ川。淡水・汽水域にすむ。
生息環境 主に流れの速い淡水域にすみ汽水域にも入るようだ。
その他 日本では西表島浦内川、世界でもニューギニア周辺に分布するのみで、きわめて興味深い分布域をもつ種である。ニューギニアでは釣りの対象魚となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません