トラザメ

Scyliorhinus torazame (Tanaka, 1908)

特徴 雄は全長41~48cmで成熟、雌は39cm以上で成熟する。全長8cmほどで孵化し、最大で48cmになる。暗色の地色に6~9本の濃い暗色横帯が並び、より大きな個体では不規則な暗色および明色の斑点が散在する。第一背鰭は腹鰭の直上より後ろに位置する。鼻口溝を欠き、鼻弁は小さく、口まで達しない。唇褶は下顎にのみある。
分布 日本では北海道~九州の太平洋岸、能登半島以南の日本海沿岸および沖縄から知られ、国外では韓国沿岸、渤海、黄海から台湾南部にかけての北西太平洋に分布する。フィリピンにも分布しているようだ。
生息環境 大陸棚上や、岸近くから少なくとも水深320mの海底に生息する。
地方名 ネコザメ(青森県)、ネゴザメ(山形県)
その他 本種は卵生で、2~6cmの卵殻に包まれた卵を産み落とす。
全身に白く細かい斑点のあること等からトラザメと区別できるとされていたイズハナトラザメ Scyliorhinus tokubeeは、色彩以外の形態でトラザメとの違いが見られないことが2019年の研究によって判明した(Soares and Carvalho, 2019
)。そのため、両者は同種であり、模様の違いは個体差によるものである可能性が非常に高い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館(小さな深海生物のセクション)で撮ったトラザメ

日本 沖縄県 美ら海水族館(小さな深海生物のセクション)

2019.01.14

宮本克己さんが日本 神奈川県 横須賀市沖相模湾で撮ったトラザメ

日本 神奈川県 横須賀市沖相模湾

2005.04.30

sea-walkerさんが日本 神奈川県 東京湾で撮ったトラザメ

日本 神奈川県 東京湾

2016.02.01

もぶらさんが日本 北海道 上磯郡 中の川漁港で撮ったトラザメ

日本 北海道 上磯郡 中の川漁港

2017.10.07

Ryota  Hasegawaさんが日本 北海道 北斗市 七重浜堤防で撮ったトラザメ

日本 北海道 北斗市 七重浜堤防

2017.11.05

ドアのぶさんが日本 北海道 木古内町河口で撮ったトラザメ

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13

Ryota  Hasegawaさんが日本 北海道 北斗市 七重浜堤防で撮ったトラザメ

日本 北海道 北斗市 七重浜堤防

2017.11.05

たっちーさんが日本 神奈川県 久里浜沖で撮ったトラザメ

日本 神奈川県 久里浜沖

2006.02.11

ドアのぶさんが日本 北海道 木古内町河口で撮ったトラザメ

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13

DCさんが日本 北海道 木古内町沖で撮ったトラザメ

日本 北海道 木古内町沖

2005.06.10

DCさんが日本 北海道 木古内町沖で撮ったトラザメ

日本 北海道 木古内町沖

2005.06.10

たっちーさんが日本 神奈川県 久里浜沖で撮ったトラザメ

日本 神奈川県 久里浜沖

2006.02.11

ドアのぶさんが日本 北海道 木古内町河口で撮ったトラザメ

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13