読み込み中 . . .
中止

トウゴロウイワシ

Hypoatherina bleekeri (Günther, 1861)

形態・特徴 名前に「イワシ」と付くが、マイワシやカタクチイワシなど一般的にいうイワシ類がニシン目に属するのに対して、本種を含むグループはトウゴロウイワシ目に属す全くの別物であり注意が必要だ。背鰭が2基あり、胸鰭も腹部側ではなく背部側にあることが、その証拠だ。ギンイソイワシに似るが、肛門は腹鰭基部のやや後方に開口する(ギンイソイワシの肛門は腹鰭の後方で、背鰭の直下に開口)ことなどで区別が可能だ。背側は薄い鶯色から青っぽい色をしており、体側は銀白色で、腹部に黒色素胞縦列が数列ならぶ。
分布 琉球列島をのぞく南日本。インド・西太平洋域。沿岸浅所にすむ。
生息環境 沿岸域の表層を遊泳する。どちらかというと、岩礁に依存する傾向が強い。
食性 動物プランクトン食性。
その他 あまり流通することはないが、ごく一部の釣り人や漁師の知る人ぞ知る美味しい魚だ。何も手を加えずに、そのまま天日で丸干しにして、カラカラになったものをフライパンで焙って食べるのがお勧めだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

タケチィさんが日本 愛媛県 佐田岬半島で撮ったトウゴロウイワシ

日本 愛媛県 佐田岬半島

2017.09.17

マリトコさんが日本 三重県 紀伊長島 三浦漁港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 三重県 紀伊長島 三浦漁港

2004.10.22

Ryota  Hasegawaさんが日本 宮崎県 延岡市 熊野江港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 宮崎県 延岡市 熊野江港

2016.10.20

外道はトモダチさんが日本 千葉県 館山 自衛隊堤防で撮ったトウゴロウイワシ

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2013.11.14

ハマの釣り師さんが日本 神奈川県 横須賀市長井港(三浦半島相模湾側)で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 横須賀市長井港(三浦半島相模湾側)

2007.08.05

さかな芸人 ハットリさんが日本 千葉県 館山 自衛隊堤防で撮ったトウゴロウイワシ

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2016.06.30

沼さんが日本 神奈川県 磯子で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 磯子

2014.11.12

sea-walkerさんが日本 神奈川県 横浜市磯子区で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 横浜市磯子区

2014.09.11

-ymさんが日本 愛知県 伊良湖港赤灯台の堤防内側で撮ったトウゴロウイワシ

日本 愛知県 伊良湖港赤灯台の堤防内側

2012.07.08

外道はトモダチさんが日本 千葉県 館山 自衛隊堤防で撮ったトウゴロウイワシ

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2013.11.14

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 富士海岸で撮ったトウゴロウイワシ

日本 静岡県 富士海岸

2016.01.02

ハマの釣り師さんが日本 神奈川県 横須賀市長井港(三浦半島相模湾側)で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 横須賀市長井港(三浦半島相模湾側)

2007.08.05

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港

2016.11.26

sfcさんが日本 熊本県 三角港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 熊本県 三角港

2008.09.20

監督さんが日本 静岡県 宇佐美港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 静岡県 宇佐美港

2011.11.12

ぷいぷいユッケさんが日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.04.01

IHさんが日本 宮崎県 延岡市熊野江港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 宮崎県 延岡市熊野江港

2016.11.17

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったトウゴロウイワシ

日本 宮崎県 門川湾

2007.05.02

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港

2016.11.26

ぷいぷいユッケさんが日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港で撮ったトウゴロウイワシ

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.03.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する