読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

[ 記事No.4108 ]
6件のコメント
教えて下さい。
ツルシギを撮っていたらどこからともなく飛んできました。ツルシギよりは大きめ、体の割に頭が小さめ。ひょっとしたらエリマキシギかと思いましたが、全く自信がありません。同定よろしくお願いします。
画像1
画像1
画像2
画像2
当「図鑑ガイド」の「鳥の名前質問コーナー」をお読みください。なお、ツルシギよりも「大きめ」ということで考えあぐんでいます。嘴の長さが頭の幅とほぼ同じで、基部に赤味があるシギ類で、ツルシギよりも小さければキアシシギも候補になります。 また、真横から見て嘴の長さが頭の幅を超える場合はアカアシシギも候補になります。微妙なので胸の模様や足の色がわかる写真とか、他の角度からの写真がもしあればお見せください。
う~む、これは悩みますね。
エリマキシギとは嘴の形、羽の斑が違うよう。
アカアシシギの冬羽なら似ている気がするが・・・。
もう一枚添付させていただきます。
画像1
画像1
Aikira Misoda さん、お世話になってますね。場所は三重県津市の池になります。
毎度不鮮明な画像になりますが、もう1枚違うのを貼っておきます。全部同一の鳥だと
思います。
画像1
画像1
あれ? 追加の写真はエリマキシギに見えます。
初めの写真と違う個体のような・・・。
と思ったけれど、まあ同一の鳥ということなので、エリマキシギ♀でたぶん大部分が冬羽。

以下、それぞれの写真についての考察
【初めの投稿 画像1】
奥のツルシギよりも小さいのでエリマキシギ♀ データ上は、ツルシギ32.5cm、エリマキシギ♂32cm、エリマキシギ♀25cm

【初めの投稿 画像2】
エリマキシギは「やや下にカーブする短め(シギの中では)の嘴」で、この画像は嘴のカーブが見えず、私が認識していた羽色と違っていたので悩んだ原因。嘴のカーブは撮影時の角度によって分かりづらかっただけのよう、でもこの嘴の基部だけ橙色が入るのはエリマキシギ♀とか♂幼鳥とかにある。またこの羽色はエリマキシギの冬羽にありました。よく参考させてもらう『光昌のホーム』の http://mitumasa.net/birdtop/bird/sigitit... の「成鳥冬羽♀(11月)」はこんな感じです。でも、氏原さんの『シギ・チドリ類ハンドブック』(文一総合出版)にはこの羽色が描かれてない、♀冬羽の絵がないのがいけない。

【追加の投稿 その1】
やや下にカーブする短め(シギの中では)の嘴、胸の辺りの不規則な横斑、わずかに見える背の羽も黒っぽい→エリマキシギ。

【追加の投稿 その2】
ようやく黄色い足(脚)が見えました。色が薄いと幼鳥の可能性もありますが、これはたぶん写真映りのせいで薄く見えるのでしょう。最初の画像で雨覆などに幼鳥の傾向はみられませんでした。
皆さん、ありがとうございました。特にAkira Misodaさん、詳しく分析して頂き、感謝しております。画像が不鮮明な上、どうも記憶も曖昧で(ツルシギに気を取られていました)、特にツルシギとの大きさの比較はかなり主観的なものだったと思います。機会があればまた一度しっかりした画像を撮りたいと思いますが、一期一会かも。重ね重ね有り難うございました。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する