読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

記事一覧へ戻る

オニカサゴでしょうか? 相模湾 江の島沖

[ 記事No.3815 ]
5件のコメント
オニカサゴでしょうか? 相模湾 江の島沖
同じくアマダイ釣りのゲストです。オニカサゴで大丈夫でしょうか?同定お願いします。
全長:約25cm、相模湾、水深約100M、底質:砂地。餌:オキアミ
画像1
画像1
イズカサゴで間違いありません。
西野さま、早速の同定ありがとうございます。
イズカサゴとオニカサゴの見分けが、良くわかっていません。
お時間があるときにでも教えてください。
例えば、投稿情報 No.43804は、2012年に投稿した個体ですが、イズカサゴかオニカサゴか判定が難しいと言われた覚えがあります。
ASIMOpapaさん、まずは生息深度が違います。
船釣りで釣れる、又は船釣りで言うところのオニカサゴはほとんどがイズカサゴです。
逆に陸釣りでイズカサゴが釣れる事は極めて稀で、普通はまず、ありません。
次に見分け方ですが、イズカサゴは背鰭軟条部や尾鰭、胸鰭、臀鰭などに、芯が黒っぽい赤色小斑点が散在します。ちょうど、書いた点が水で滲んだ様な感じです。
オニカサゴにはこの様な独特な斑点はないので、これだけでも同定は可能です。
次にイズカサゴの背鰭棘状部の鰭膜は切れ込みが深く、急下降するのに対して、オニカサゴでは水平に近いか、普通に斜めです。イズカサゴの方は、オーバーに言うと、オニオコゼに近い感じです。
胸鰭はイズカサゴでは19〜20軟条の個体が多く、オニカサゴは18軟条の個体が多いです。
上顎の裏側を見ると、口蓋骨という部分に歯があるのがイズカサゴで、オニカサゴにはありません。
他にも各部に違いがあり、それらがまとまって印象がかなり違います。
NO.43804の方も見て、コメントを入れておきますね。
西野さま、コメントありがとうございます。
なるほど大変勉強になりました。
コメントいただいた生息深度と見分けの特徴からすると、NO.43804=添付写真はやはりイズカサゴで間違いなさそうですね。
画像1
画像1
あと、長くなるので省略しましたが、両者それぞれ同属の近縁種には注意して下さい。
イズカサゴは判りやすいですが、オニカサゴは近縁種と瓜二つなので、各部をじっくり見ていかないと誤同定に繋がります。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する