読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

投稿者 藤倉 藤倉
撮影日

2011 /10 /28

採集場所

米国 ミシガン湖東岸White River堤防(White Hallの町の近郊)

全長

70.0cm

採集方法

エサ釣り

水深

5.0m

底質

砂地

餌など

Spawn Sack(イクラと浮きダマを薄いネットで包んだもの)

投稿者コメント

体重約4.5キロのニジマス。釣り師はミシガン州デトロイト近郊在住の通称”Rock”さん。ミシガン湖に注ぐ川で生まれ、ミシガン湖に降り、ミシガン湖に豊富に居るAlewife(Alosa Pseudoharengus→日本名不明のニシン科の魚)という小魚を主食にして大きく(10キロ以上に育つ個体もいる)育ったニジマスです。このニジマスは一度も海を見ずに育ちました。従ってスチールヘッドと呼ぶとしたら「降湖型スチールヘッド」というのが正しい表現かなと思います。アラスカやカナダには、大きく育っても降海型でないとスチールヘッドとは呼ばない、と主張する人達もいるようですが、、。もともとカナダの太平洋側のスチールヘッド(ニジマス)をミシガン湖に移植したのが繁殖したらしいです(人工繁殖でサポート)。釣ったのはミシガン湖に注ぐWhite Riverという小さな川の河口にある堤防の先端(正確にはミシガン湖)でした。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する