読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シマヒイラギ

Leiognathus fasciatus (Lacepède, 1803)

特徴 全長20cm。体高は高く、体側に薄い10~15本の横帯がある。また、体側中央には黄色斑が散在する。背鰭第2棘が著しく伸長することも本種の特徴。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。内湾浅所~河川汽水域に生息する。
生息環境 内湾から河口汽水域に生息する。
その他 セイタカヒイラギに似るが、セイタカヒイラギには黄色斑が無く、背鰭第2棘も伸長しない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 石垣市伊野田漁港

2014.12.10

日本 沖縄県 石垣島 石垣港

2014.03.27

日本 沖縄県 座間味漁港

2016.05.19

日本 沖縄県 那覇市 泊漁港

2010.10.13

日本 沖縄県 那覇市 国場川河口

2015.11.30

日本 沖縄県 那覇市那覇港

2015.05.05

日本 沖縄県 池間島

2016.11.04

日本 沖縄県 宮古島

2012.05.23

フィリピン ルソン島

2004.11.23

日本 鹿児島県 喜界島 防波堤(漁港)

2002.10.19

日本 沖縄県 那覇市>泊港

2008.11.30

日本 沖縄県 うるま市

2013.03.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する