読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミズスルル

Encrasicholina heteroloba (Rüppell, 1837)

特徴 全長10cm。カタクチイワシと非常によく似るが、腹鰭前方の腹部に稜鱗があり、区別することができる。
分布 沖縄島。~東南アジア、紅海、アフリカ東岸。沿岸に群れをなしてすむ。
生息環境 沿岸域に群れで生息する。
食性 プランクトンを鰓耙でこし取って食べる。
その他 カタクチイワシは日本全域の沿岸に生息するが、本種は本邦では沖縄でみられる。本土では稀。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 横須賀市佐島沖

2004.11.05

タイ チョンブリ県シーチャン島

2015.08.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する