読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニホンヤモリザメ

Galeus nipponensis Nakaya, 1975

分布 千葉県以南の太平洋岸、沖縄諸島近海、九州-パラオ海嶺。
特徴 尾鰭背面に大きな鱗が並び、眼が背側にある、臀鰭と尾鰭の間隔は眼径よりも大きい、などの特徴をもち、ヤモリザメに酷似するが、本種の鼻孔前吻長は眼径よりも大きいことにより、それが眼径より小さいヤモリザメと区別できる。全長80cmに達する。
生息環境 深海性のサメで水深200m以深から採集されている。
食性 動物食性と考えられる。
その他 本種は卵生である。主に底曳網で漁獲されるが、殆ど利用されることはない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する