読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ツマリツノザメ

Squalus brevirostris Tanaka, 1917

分布 青森県~琉球列島、東シナ海。~朝鮮半島、中国、南シナ海
特徴 ツノザメ属魚類は同定が難しいグループである。本種は体に明瞭な白色斑がないこと、吻端が円鈍、胸鰭内角がよくとがる、などの特徴があり他の日本産ツノザメの仲間と区別することができる。尾鰭後端は白っぽい。全長1mをこえる。
生息環境 深海性で多くは水深100m以深に生息する。
食性 動物食性で魚類、イカ類、甲殻類、多毛類などを捕食する。
その他 胎生で仔魚は15~21cmほどで産出されるといわれる。底曳網漁業や延縄などで漁獲される。肉は美味であり市場にも出されるが、背鰭前方にある強い棘に注意。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市 泊いゆまちの鮮魚店で購入

2014.08.14

日本 沖縄県 那覇市 泊いゆまちの鮮魚店で購入

2014.08.14

日本 沖縄県 那覇市 泊いゆまちの鮮魚店で購入

2014.08.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する