読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タテスジハタ

Gracila albomarginata (Fowler and Bean, 1930)

形態・特徴 背鰭棘は9棘。尾鰭は截形か少し湾入する。成魚の体色は灰褐色から茶褐色で、体側には褐色の横帯が多数ある。頭部から鰓蓋にかけて青色線がある。尾柄部に黒色斑があるが、これは目立たないこともある。幼魚の体色は鮮やかな桃色で、背鰭、臀鰭、尾鰭上下に赤色帯がありハナダイの仲間に似ている。体長35cmほど。
分布 琉球列島、小笠原諸島。インド・太平洋域。珊瑚礁外縁にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の外縁に生息する。
食性 小魚を主に捕食する。
その他 ほかのハタ科魚類同様、釣りなどで漁獲されて食用になる。タテスジハタ属は1属1種であるが、ユカタハタ属に近いものとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 沖縄県西海岸

2010.10.15

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.10

日本 沖縄県 西表島

2014.04.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する