読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマヒメ

Snyderina yamanokami Jordan and Starks, 1901

分布 相模湾~奄美大島。水深100m前後の岩礁域にすむ。
特徴 背鰭は13~14棘条。ハオコゼに似ているが、腹鰭は1棘5軟条で、胸鰭は長く臀鰭基部に達すること、ハチオコゼ属魚類とは口蓋骨に絨毛状歯がないことにより区別できる。本種は日本産ハオコゼ科魚類としては大きくなり、体長20cmに達する。
生息環境 成魚は水深90m前後の岩礁域から採集されている。幼魚は水面下で写真撮影されている。
その他 珍しい種で底釣りでごく稀に漁獲される。鰭棘には毒があるともいわれている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する