読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オキアナゴ

Congriscus megastomus (Günther, 1880)

形態・特徴 アナゴ科の魚はチンアナゴ亜科以外に分類される種では、上顎が下顎よりも突出するという特徴があり、ウナギ科魚類とはここで区別できる。本種は尾部が黒く、肛門鰭側線孔数が46~52であることで他種と区別することができる。葉形幼生(レプトケファルス、レプトセファルス;Leptocephalus)の時期が長く、全長15~20cmに達しても体は側扁している。
分布 相模湾~九州までの太平洋岸、山口県、長崎県、東シナ海、九州-パラオ海嶺。
生息環境 深海性のアナゴで水深200mを超える場所に多く生息している。深海底曳網や大陸棚縁辺を狙う釣りで採捕されている。
食性 動物食性で、腐肉食性でもあると考えられる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 真鶴沖

2012.09.09

日本 東京都 新島沖

2005.08.13

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2009.02.28

日本 神奈川県 葉山沖

2011.01.29

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2009.02.28

日本 神奈川県 葉山沖

2011.01.29

日本 神奈川県 葉山沖

2011.01.29

日本 神奈川県 葉山沖

2011.01.29

日本 神奈川県 真鶴沖

2016.11.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する