読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スソウミヘビ

Ophichthus urolophus (Temminck and Schlegel, 1847)

形態・特徴 “ウミヘビ”と名前に付く動物には、鱗のあるものと、ないものに分けられる。前者は爬虫類のヘビ亜目に分類される蛇の仲間となり、後者はウナギ目に分類される魚類の仲間となる。本種の体には斑紋はない。主上顎骨歯は鋭く、歯帯をなさない。背鰭基部が胸鰭よりも後方にあることなどが特徴。
分布 東京湾~九州南岸までの太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、東シナ海、九州-パラオ海嶺。~朝鮮半島、台湾、中国、インドネシア、オーストラリア。
生息環境 水深200m前後の底曳網が曳けるような環境(岩礁がほとんどないような底質)から採捕されている。
食性 動物食性で、腐肉食性でもあると考えられる。
その他 小骨が多いためかあまり食用とされていないようである。Ophichthus tsuchidae (ニシキウミヘビ) は、Ophichthus urolophus (スソウミヘビ) の新参異名とされた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 相模湾>江ノ島沖

2008.06.28

フィリピン バタンガス

2016.08.25

フィリピン バタンガス

2016.08.25

フィリピン バタンガス

2016.08.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する