読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アブラボウズ

Erilepis zonifer (Lockington, 1880)

形態・特徴 背鰭は2基で、第1背鰭と第2背鰭の間隔は眼径より狭い。また、背鰭棘は軟らかく、11~12棘。体色は、幼魚の頃は暗色地に白色の斑紋や横紋が散在するが、成長に伴って一様に暗色になっていく。日本には同じ科に属する種は他にギンダラがいるのみで、丸くて太い体形や体色などで容易に区別することができる。
分布 北日本の太平洋岸。~ベーリング海、中部カリフォルニア。
生息環境 幼魚は外洋域の表層の流れ藻や木片などの漂流物に付くが、成長すると水深のある岩礁域へ群れるようになる。成魚の生息水深は200~600mとされ、寒海性の深海魚といえる。
食性 肉食性で、小型魚類や軟体動物、ヒトデ類などを捕食しているという。
その他 幼魚は観賞用として水族館などで展示されることがあるという。また、漁獲された成魚はギンダラと同様な調理方法で賞味され、旬は冬とされる。しかし、身は脂肪分が多く、その名前の由来ともなっており、食べ過ぎると下痢を起こすこともあり、注意する必要がある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する