読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミハラハナダイ

Giganthias immaculatus Katayama, 1954

形態・特徴 従来はハタ科に含まれていたが、現在ではミハラハナダイ属のみからなるミハラハナダイ科として独立させることが多い。本種の特徴は、背鰭棘数が9本で、その2-4棘の先端と、腹鰭棘の先端が鋸歯状になっている。また、下顎の先端に円錐状歯塊がある。体長30cmになる大型種。
分布 南日本太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島。~台湾。やや深い岩礁域にすむ。
生息環境 やや深い岩礁域に生息する。
その他 釣りなどで漁獲され、食用とされている。ミハラハナダイ科は、1科1属1種とされたが、2012年にミハラハナダイ属2番目の種Giganthias serratospinosusがインドネシアより記載された。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 大島南沖

2013.05.29

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.04.11

日本 千葉県 平砂浦沖

2008.01.13

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 鹿児島県 奄美大島 

2007.07.22

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.07.29

日本 鹿児島県 奄美大島  

2007.07.26

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 鹿児島県 奄美大島  

2007.07.26

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.04.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する