読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤナギメバル

Sebastes itinus (Jordan and Starks, 1904)

分布 宮城県以北の太平洋岸、日本海。~サハリン西岸、黄海。
特徴 体は細長い。頭頂棘がない。背鰭棘数は13、下顎および主上顎骨はすべて鱗に覆われる、などの特徴がある。ガヤモドキやアカガヤ等に似るが、下顎は突出す。ハツメとは背鰭棘数や側線有孔鱗数が多い(53~57)ことなどで区別できる。体長40cm。
生息環境 やや深い海に生息するとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する