読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナルトビエイ

Aetobatus narutobiei White, Furumitsu and Yamaguchi, 2013

分布 南日本太平洋岸、日本海、有明海、瀬戸内海、東シナ海沿岸。~朝鮮半島、台湾、中国沿岸。
特徴 体盤には白色斑点がなくトビエイによく似ている。しかし本種では吻端が鋭角をなす(トビエイでは鈍角)、背鰭は腹鰭間にある(トビエイの背鰭は腹鰭より後方)、などの特徴から区別される。尾は長く、尾棘をもつ。体盤幅1.5mに達する。
生息環境 沿岸域に生息する。
食性 動物食性で底生動物などを捕食する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 大阪府 関西国際空港対岸

2004.07.04

日本 高知県 高知市浦戸漁港

2015.10.10

日本 山口県 夜市川河口

2004.06.19

日本 熊本県 上天草市鳩の釜周辺

2006.06.24

日本 熊本県 上天草市鳩の釜周辺

2006.06.24

日本 愛媛県 八幡浜市

2011.05.08

日本 和歌山県 雑賀崎

2010.08.09

日本 福岡県 北九州市門司区

2012.05.23

日本 熊本県 上天草市鳩の釜周辺

2006.06.24

日本 熊本県 上天草市鳩の釜周辺

2006.06.24

日本 福岡県 有明海

2008.07.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する