読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

キビナゴ

Spratelloides gracilis (Temminck and Schlegel, 1846)

特徴 全長10cmほど。体は細く、体側中央に太く目立つ1本の銀白色縦帯がある。リュウキュウキビナゴに似るが、胸鰭軟条数が13~15本(リュウキュウキビナゴは10~12)という点や眼が小さいという点で区別することができる。
分布 南日本。~東南アジア、インド洋、紅海、東アフリカ。ふつう沿岸で群れてすむ。
生息環境 沿岸域で群れをなして生息する。
その他 小さな魚だが、刺身でも美味しく食べられる。釣りの餌としても利用されることが多いので、需要がとてもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 和歌山県 田辺市沖磯 小ジブ

2013.01.19

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.03.29

日本 宮崎県 門川湾

2007.03.21

日本 千葉県 館山市波佐間

2014.12.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.15

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.04.01

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.04.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.15

日本 神奈川県 小田原市早川港(小田原漁港)旧港

2004.04.01

日本 宮崎県 日南市大島

2009.11.07

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.04

日本 宮崎県 門川湾

2007.02.20

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.15

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.25

日本 静岡県 静岡市三保

2004.09.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する