読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ワニゴチ

Inegocia ochiaii Imamura, 2010

分布 相模湾・若狭湾以南の南日本、八丈島。~済州島、台湾、中国、海南島。
特徴 コチの仲間の同定は、頭部の棘の様子や、眼の虹彩皮膜の様子などを見ることが必要である。本種は眼下骨の隆起線に2本の棘を持つこと、眼の虹彩皮膜は長くよく分岐することのほか、吻がやや長いこと、間鰓蓋部に単一形の皮弁をもつこと、眼上皮弁がないことなどで日本産の他のコチ科魚類と区別できる。大型種で全長50cmを超える
生息環境 大陸棚の浅海域に生息する。砂泥底にすむ。
食性 動物食性で小魚や甲殻類を捕食する
その他 ワニゴチには従来Inegochia guttataという学名があてられてきたが、その学名のタイプ種はイネゴチであることがわかり、Cociella crocodilusの異名であるとされた。ワニゴチに充てられる種の学名はなく、未記載とされたが、2010年に新種記載された。刺し網、定置網、釣りなどで漁獲され、食用になる。美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町

2004.05.13

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2015.02.02

日本 静岡県 静岡県駿河

2003.10.11

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2015.02.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する