読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イセゴイ

Megalops cyprinoides (Broussonet, 1782)

形態・特徴 体色は銀色で、体側鱗は大きく側線鱗数は30~40枚である。臀鰭は大きく、23~31軟条。背鰭の最後の軟条は伸長する。本科魚類はウナギ目魚類と同様に葉形仔魚(レプトケパルス)期を経る。
分布 新潟県佐渡島以南の日本海沿岸、東京湾、伊豆半島、浜名湖、琉球列島。インド・西太平洋の暖海域。
生息環境 暖海域の沿岸・汽水域に生息するが、幼魚は淡水域にも進入する。
食性 小型魚類、甲殻類などを捕食する動物食性。
その他 南日本の定置網でも漁獲されるが、ほとんど利用されていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 南宇和郡愛南町深浦

2006.10.03

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.07.09

日本 沖縄県 久米島 兼城港

2004.05.16

フィリピン サマール島

2010.02.08

日本 沖縄県 本島恩納村

2010.09.24

日本 愛知県 名古屋港

2001.03.30

日本 青森県 青森県外ヶ浜(蟹田地区)

2006.10.10

日本 沖縄県 名護市屋部川河口

2009.01.13

日本 愛媛県 愛南町

2011.10.12

日本 沖縄県 石垣島

2016.09.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する