読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハマトビウオ

Cypselurus pinnatibarbatus japonicus (Franz, 1910)

形態・特徴 胸鰭が長く、その先端が臀鰭後端を越えること。腹鰭も長く、その先端が臀鰭基部を越えること。胸鰭の上の1軟条のみが不分枝であること。背鰭に顕著が黒色域がなく、側線鱗数が61~68枚であり背鰭前方鱗数が40~47枚であることなどで他のトビウオ科魚類と区別できる。
分布 南日本。~東シナ海。沿岸から外洋の表層にすむ。
生息環境 沿岸域の表層を回遊する。
食性 動物プランクトン食性。
その他 産卵期は冬~春といわれている。トビウオと同様に、水産利用がなされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 八丈島近海

2014.10.01

日本 宮崎県 宮崎市(沖)黄金の瀬

2004.02.22

日本 東京都 八丈島近海

2014.10.01

日本 静岡県 御前崎

2008.05.18

日本 宮崎県 宮崎市(沖)黄金の瀬

2004.02.22

日本 茨城県 ひたちなか市>磯崎漁港

2008.07.13

日本 静岡県 御前崎

2008.05.18

日本 宮崎県 宮崎市(沖)黄金の瀬

2004.02.22

日本 宮崎県 宮崎市(沖)黄金の瀬

2004.02.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する