読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オロチゲンゲ

Lycodes nishimurai Shinohara and Shirai, 2005

分布 礼文島、秋田県~新潟県佐渡に至る日本海、大和堆。
特徴 胸鰭の後縁にくぼみがあり、体側に横帯がなく、背鰭や胸鰭に黒色斑がないことで、キタノクロゲンゲを除く日本産マユガジ属すべての種と区別できる。キタノクロゲンゲとは、背鰭基部より前方の体にも鱗があることや、腹鰭がやや長いことで区別できる。全長27cmに達する。
生息環境 深海性で水深441~785mから採集されている。
食性 動物食性で底生動物などを捕食する。
その他 底曳網漁業などで獲れるが食用にはなっていない。本種は2005年に新種として記載されたものである。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する