読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

サオトメハゼ

Valenciennea limicola Hoese and Larson, 1994

分布 沖縄県名護湾。~フィジー、タイ、バリ、ニューカレドニア。
特徴 体側には2本の黄色縦帯がある。ヒメクロイトハゼによく似ているが、ヒメクロイトハゼでは吻部や眼上部に黒色斑があるのに対し、本種にはないことで区別できる。鈴木・渋川(2004)のクロイトハゼ属の1種とは、吻に黄色線があることや、頭部の黄色縦帯の間に大きな青色域があることなどで区別できる。
生息環境 水深20m前後の泥底にすむ。
その他 鈴木・渋川 (2004) では「クロイトハゼ属の1種」について、「Valenciennea limicolaと考えられる」としているが、両者は明らかに別種である。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する