読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒメアオギハゼ

Trimma flavatrum Hagiwara and Winterbottom, 2007

分布 沖縄諸島、宮古島、石垣島、西表島、~西太平洋熱帯域。
特徴 アオギハゼに似ているが第1背鰭棘は伸びず、尾柄後部は黒っぽい、などの特徴により区別できる。体長2cmほどで、アオギハゼよりもやや小さい。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。5~20mの亀裂の中で、群れでホバリングする。
その他 本種は、鈴木ほか (書籍「決定版・日本のハゼ」) のなかのベニハゼの1種-10である。2007年に新種として記載された。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する