読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオメチヒロハゼ

Obliquogobius megalops Shibukawa and Aonuma, 2007

分布 奄美大島沖の東シナ海。
特徴 鰓孔の下端眼窩後縁よりも前方にある。背鰭には暗色斑がある。側頭部には鱗がない。腹鰭には癒合膜がなく、左右に分かれることでイトチヒロハゼと区別できる。第2背鰭は1棘8軟条で、臀鰭は1棘9軟条であることにより、それぞれ軟条数が多いObliquogobius fulvostiatusと区別できる。体長25㎜。
生息環境 水深290mから知られている。
その他 Chen et al. (2012)により、久米島から記録されたObliquogobius fulvostiatusは本種によく似ている。チヒロハゼ属の一種も参照のこと。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する