読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カタグロホホスジモチノウオ

Oxycheilinus orientaris (Günther, 1862)

分布 高知県、屋久島、琉球列島。~台湾、インド・西太平洋、紅海。
特徴 ホホスジモチノウオ属の仲間で吻がやや長いグループ。背鰭の最前部直下に暗色斑があることで、同属のほかの種類と区別できる。全長20cmほどに達する。
生息環境 サンゴ礁域に生息し、浅所から水深80mまでの範囲にすむ。
食性 甲殻類や小魚などを捕食する動物食性の種。
その他 本種が日本に分布することは従来から知られていたが、2013年になってようやく新和名がつけられた。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(慶良間諸島産)

2014.08.22

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.07.17

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.07.17

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(慶良間諸島産)

2014.08.22

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.07.17

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.07.17

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.07.17

フィリピン サマール島

2009.06.01

フィリピン Cebu

2011.12.28

日本 鹿児島県 奄美大島

2004.04.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する