読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イトヒキテンジクダイ

Zoramia leptacantha (Bleeker, 1836)

分布 琉球列島。~インド-太平洋、紅海。
特徴 生時体側前部には橙色の細い縦帯がある(死後すぐに消える)。体幅は狭い。尾柄部には黒色斑がない、第1背鰭の2・3棘は糸状に伸びる、などの特徴をもつ。体長5cmほど。
生息環境 礁湖内の枝状サンゴの周辺に群れで生息する。
食性 動物食性。動物プランクトンなどを主に捕食し、飼育下では配合飼料なども食う。
その他 沖縄ではまれに釣れることがあるが食用とはなっていない。観賞魚として飼育されることもあるが、気が強い魚とは一緒に飼いにくい。サンゴ水槽で飼育するのに適している。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 宜野湾新漁港

2009.09.26

フィリピン サマール島

2011.09.18

日本 沖縄県 座間味島

2011.06.22

サモア マノノ島

2006.10.28

日本 沖縄県 沖縄県西海岸

2010.11.03

パラオ マリンレーク

2005.10.24

日本 沖縄県 西表島

2011.10.31

日本 沖縄県 石垣島

2015.03.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する