読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒシダイ

Antigonia capros Lowe, 1843

分布 福島県、房総半島以南の南日本太平洋岸、富山湾、島根県、東シナ海、九州-パラオ海嶺。~韓国沿岸
特徴 体は赤色で体高が非常に高い。口は垂直に上に向き、伸ばすことができる。ベニヒシダイは本種によく似ているが、吻はやや長く口はほぼ水平位にある。ミナミヒシダイとは背鰭と臀鰭の軟条数がそれぞれ33~37と30~35であることにより区別できる(ミナミヒシダイでは背鰭軟条数26~30、臀鰭軟条数25~28)。体長25cmに達する。
生息環境 水深100m前後~900mの岩礁域に生息するが、砂泥底の場所からも漁獲される。また、もっと浅い水深40m前後からも採集されている。
その他 底曳網、釣り、まれに定置網などで漁獲される。市場に出ることはほとんどないが、肉は食用となる。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 千倉白間津

2014.01.18

日本 鹿児島県 奄美大島沖

2015.09.25

日本 神奈川県 沖の瀬

2010.03.26

日本 和歌山県 和歌山県西牟婁郡日置川町日置

2003.10.05

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.10.05

日本 静岡県 石花海

2002.06.08

日本 千葉県 和田沖

2006.01.11

日本 鹿児島県 奄美大島 

2007.07.24

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.09.09

日本 神奈川県 沖の瀬

2010.03.26

日本 千葉県 布良沖

2006.02.08

日本 東京都 新島沖

2007.07.07

日本 鹿児島県 喜界島沖

2011.09.06

日本 鹿児島県 奄美大島

2011.08.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する