読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ウケグチイットウダイ

Neoniphon sammara (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は2.5。側線有孔鱗数は39~43。背鰭棘第1~3鰭膜に大きな黒斑がある。体側には多数の縦帯がある。ホソエビスに似るが、本種の背鰭棘鰭膜には大きな黒色斑があることで区別可能。体長20cm。
分布 紀伊半島以南。~紅海。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁の浅所に生息する普通種。昼間は孔内に潜むことも多い。
食性 肉食性。小魚や甲殻類を捕食する。
その他 沖縄では釣りや刺網で漁獲され、食用になっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 外房

2014.12.09

日本 鹿児島県 沖永良部島 住吉港

2014.04.17

日本 東京都 小笠原父島青灯台

2015.06.29

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2012.09.16

日本 沖縄県 慶良間諸島 渡嘉敷島

2014.10.12

日本 沖縄県 西表島>祖内

2010.06.10

日本 沖縄県 久米島兼城防波堤

2011.10.29

日本 鹿児島県 喜界島(湾漁港)

2015.09.23

日本 沖縄県 西表島

2014.04.20

日本 沖縄県 座間味島

2009.06.15

フィリピン サマール島

2010.01.12

ミクロネシア チューク

2015.01.01

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港

2013.07.21

日本 東京都 小笠原村

2015.08.03

サモア ウポル島

2006.11.21

日本 東京都 小笠原父島二見港

2006.12.10

日本 東京都 小笠原父島二見港

2006.12.11

日本 東京都 父島 宮ノ浜

2012.08.05

日本 鹿児島県 奄美大島長浜堤防

2010.09.15

日本 愛媛県 愛南町

2003.12.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する