読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ダルマザメ

Isistius brasiliensis (Quoy and Gaimard, 1824)

分布 伊豆諸島近海、鹿島灘、琉球列島近海、小笠原諸島近海、東シナ海。~世界の暖かい海域。
特徴 体は長い円筒形。第1背鰭は体の後方にある。胸鰭は大きく円みを帯びる。尾柄部に隆起線がある。上顎歯と下顎歯は大きく形状が異なり、上顎歯は小さく、下顎歯は上顎歯よりもかなり大きくなり、三角形の歯が並ぶ。頸部には目立つ黒色帯がある。鰓孔は小さい。全長50cmほどの小型種である。
生息環境 外洋の深海に生息し、夜間は表層近くにあがってくる。
食性 マグロ類など大型魚の肉をかみ切って食うことがある。大型魚の体表にある丸い穴は本種によるものといわれている。他、イカ類なども食うようである。
その他 深海底曳網などで漁獲されることもあるが食用にはなっていない。
ダルマザメ属魚類には2種が知られており、コヒレダルマザメは頸部に黒色帯がないことや尾鰭下葉長は上葉長の約1/2であることにより区別される。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 久米島沖

2008.10.28

日本 沖縄県 久米島沖

2008.10.28

日本 沖縄県 久米島沖

2008.10.28

コメントをお書きください

1 Comment
  • 太いですね。もし、453g以上なら、IGFAルールで釣っていれば、世界記録ものですよ。

    2013.11.09 20:00 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する