読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オキナワヤジリザメ

Centrophorus moluccensis Bleeker, 1860

分布 小笠原諸島、琉球列島、東シナ海。~台湾、フィリピン(セブ島)、バンダ海、ジャワ島、ニューカレドニア、オーストラリア。
特徴 臀鰭はなく、背鰭は2基で第1・第2背鰭に棘がありツノザメ属魚類によく似ているが、尾鰭に欠刻がある。日本産アイザメ科の他の種類とは、吻が長くないこと、胸鰭内角が著しく突出すること、第2背鰭棘が腹鰭後端よりも後ろにあることなどにより区別される。全長1mほど。
生息環境 深海性のサメで水深125m以深の海域に生息する。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2011.05.17

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.13

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.30

フィリピン セブ

2010.08.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する