読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロヌタウナギ

Eptatretus atami (Dean, 1904)

分布 青森県・茨城県以南、東シナ海。~朝鮮半島。日本海側に多いといわれる。
特徴 外鰓孔が6対で、それぞれが互いによく接していることでよく似たヌタウナギやムラサキヌタウナギと区別できる。
生息環境 主に水深64~85mにすみ、45~400mから漁獲されている。
食性 泥中の小動物を捕食したり、死魚や網にかかった魚なども捕食する。
その他 底曳網や籠などで漁獲される。肉は焼いたり、燻製などにして美味、革製品の代用にも。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する