読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオヒレテンスモドキ

Novaculoides macrolepidotus (Bloch, 1791)

分布 静岡県、八丈島、小笠原、琉球列島。~台湾、インド・西太平洋。
特徴 成魚の体は緑色で、体側には縦に走る黒色斑列がある。体高は低く、体長は体高の3.5倍以上である。幼魚は茶褐色で、枯葉に擬態しているものと考えられている。体長12cmほど。
生息環境 内湾の砂地、アマモ場などの周辺でよくみられる普通種。
食性 主に底生動物を捕食。
その他 小型種で日本ではあまり食用にはされていないようである。フィリピンなど産地で食用にされるようだ。オビテンスモドキとの関係は近年整理されており、本種はオビテンスモドキと別属とされているようである。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.03.31

フィリピン サマール島

2009.06.01

フィリピン サマール島

2010.05.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する