読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アカハタモドキ

Epinephelus retouti Bleeker, 1868

形態・特徴 アカハタによく似ているが、背鰭棘条部の外縁が鮮やかな紅色で、背鰭軟条部後縁と尾鰭の背縁が黒い、尾鰭は截形、などの特徴をもつ。また体側の横帯はあっても不明瞭である。体長40cmになる。
分布 南日本。インド・太平洋域。沿岸深所の岩礁域にすむ。
生息環境 やや深海性のハタで、成魚は水深70-200mほどの岩礁域に生息するとされる。幼魚は成魚よりも浅い場所で見られるという。
その他 釣りや、延縄などで漁獲される。沖縄ではアカハタと同じく市場に出て、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.10

日本 東京都 築地場内市場 東京都小笠原産

2014.04.09

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.09.04

日本 東京都 小笠原村

2015.08.26

日本 東京都 小笠原父島

2015.06.30

日本 東京都 八丈島沖

2007.07.20

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.09.04

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する