読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アズキハタ

Anyperodon leucogrammicus (Valenciennes, 1828)

形態・特徴 背鰭は11棘。体はやや細長く、体側には赤みを帯びた小斑点がある。幼魚期には体側に細い青色・橙色縦帯や白色の縦帯がある。この縦帯は成魚でも残るが、青や橙色縦帯は成魚では見られない。体長40cmを超える。
分布 琉球列島、小笠原諸島。インド・太平洋域。珊瑚礁の浅所にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に生息する普通種。
食性 魚類などを捕食する。
その他 ほかのハタ科魚類同様に釣りなどで漁獲され食用になる。ただし、中京方面などで「アズキマス」と呼ばれるのは主にキジハタのことで、本種の事ではない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 久米島沖

2006.12.21

インドネシア インリーフ

2014.01.27

日本 沖縄県 沖縄県西海岸

2010.10.15

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.09.07

日本 沖縄県 久米島沖

2006.12.20

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.24

インドネシア バリ島

2006.10.07

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.09.07

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.05

フィリピン サマール島

2009.10.30

マレーシア シパダン島

2006.06.20

フィリピン ボホール島

2011.02.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する