読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤイトハタ

Epinephelus malabaricus (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 チャイロマルハタやクエによく似ている。本種の体側には瞳孔よりも小さな黒色斑があり、チャイロマルハタや、クエと区別できる。体側には白い明瞭な斑模様がある。大型種で、体長は1mに達する。
分布 相模湾以南、琉球列島。~台湾、インド-西太平洋
生息環境 日本では琉球列島以南に比較的多い。内湾のサンゴ礁域の砂底や、岩礁域に単独で見られることが多い。また汽水域にはいることもある。
食性 小魚や甲殻類などを食べる。
その他 釣り、延縄、刺網、潜水漁などによって漁獲され、食用となっている。刺身、鍋などに向く。沖縄や台湾では養殖もおこなわれており、ほかにクエとの交雑個体も報告されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 三重県 鵜殿港

2012.02.28

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.09.04

日本 沖縄県 那覇市

2013.07.26

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.09.04

日本 静岡県 駿河湾

2011.10.03

日本 愛知県 名古屋港

2012.10.13

日本 沖縄県 名護市汀間

2008.12.09

日本 沖縄県 那覇市

2013.07.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する