読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

エゾメバル

Sebastes taczanowskii (Steindachner, 1880)

分布 岩手県以北、北海道。~沿海州。浅海域、河口。汽水域にすむ。
特徴 体は赤褐色で、体側にはしばしば白色斑が出る。尾鰭後縁は白い。頭頂棘はないが、眼前棘と眼後棘がある。主上顎骨には狭い鱗域があるが、下顎は鱗に覆われない。ヤナギノマイは本種によく似ているが、眼前棘・眼後棘がなく、尾鰭後縁は白くならないことによって本種と区別することができる。体長25cm
生息環境 普通水深100m以浅の沿岸に生息し、北海道では普通種。岩礁域を好む。
その他 他のメバルと同様卵胎生である。釣りなどで漁獲され、食用になる。肉は白身で、塩焼や煮つけなどに向く。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 小樽

2002.08.11

日本 北海道 羅臼町 相泊漁港

2013.10.07

日本 北海道 網走港

2016.05.26

日本 北海道 網走港

2010.10.21

日本 北海道 祝津漁港

2015.04.26

日本 北海道 小樽港

2015.04.26

日本 北海道 苫小牧市東港

2009.10.20

日本 北海道 根室港

2015.09.25

日本 岩手県 越喜来

2015.11.23

日本 北海道 小樽湾

2008.05.23

日本 北海道 斜里町 ウトロ港

2013.10.07

日本 北海道 羅臼町 松法漁港

2013.10.07

日本 北海道 虻田漁港

2008.11.15

日本 北海道 虻田漁港

2008.11.15

日本 北海道 苫小牧市東港

2009.10.20

日本 北海道 虻田漁港

2008.11.15

日本 北海道 斜里町ウトロ港

2012.08.28

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する