読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤナギノマイ

Sebastes steindachneri Hilgendorf, 1880

分布 北海道~岩手県および新潟県。~朝鮮半島、サハリン。
特徴 体色は黄褐色から茶褐色、背鰭棘数は13、頭頂棘をもたない、涙骨の棘は目立たない。主上顎骨には鱗があるが、下顎には鱗がなく、主上顎骨の鱗域もせまいことでガヤモドキやアカガヤなどと区別できる。側線有孔鱗数は30前後であり、40~49のエゾメバルや、53~57のヤナギメバルと区別できる。体長30cmに達する。
生息環境 水深355m以浅にすむ。
その他 食用魚となっている。塩焼、煮つけなどにして美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 白老町沖

2015.02.08

日本 北海道 寿都郡寿都沖(川崎市北部市場で購入)

2014.12.26

日本 北海道 白老町沖

2015.02.08

日本 北海道 白老町沖

2015.02.08

日本 北海道 白老町沖

2015.02.08

日本 茨城県 常磐沖

2016.03.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する