読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

モトギス

Sillago sihama (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭は2基。背鰭と臀鰭の基底は長く、第2背鰭には不明瞭な暗色斑が並ぶ。側線上方鱗数は5~6枚。体背面は肌色のような色で、砂地と同化するような色合いになっており、腹面は白色。腹鰭と臀鰭の起部は黄色であることなどが特徴。
分布 沖縄島、西表島。台湾、フィリピン、インド。
生息環境 沿岸の砂底・砂泥底の海底から20cmくらいまで上方のところを遊泳し、危険を感じると砂中に潜ることもある。干潟を形成している河口域へもよく進入する。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 琉球列島にはシロギスはいないが、本種やホシギスが代わりに生息している。これら2種はシロギス同様に美味しい魚であり、琉球列島でもキス科魚類は珍重される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン モトキス

2014.07.07

タイ タイランド湾、チョンブリ県、パタヤのジョンティエンビーチ

2015.08.14

フィリピン 北ミンダナオ地方 ミンダナオ島イリガン市のフィッシュマーケット

2015.05.25

オーストラリア クイーンズランド州タウンズビル

2005.04.27

オーストラリア クイーンズランド州タウンズビル

2005.05.02

フィリピン カビテ

2011.04.17

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する