読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マスノスケ

Oncorhynchus tschawytscha (Walbaum, 1792)

形態・特徴 マスノスケはサケ科サケ属でもっとも大きくなる種のひとつ。体長147cm、体重57kgになるものもいるという。他のサケ科とは体の背面には黒色斑が多数あり、尾鰭の全体にも黒色斑が散らばることで区別できる。このほか、尾鰭後縁が黒く縁取られること、下顎歯の基底部が黒いことも特徴である。幼魚のパーマークは大きく、側線よりもかなり下方まで達することでサケ・ベニザケと区別できる。
分布 日本海、オホーツク海、ベーリング海、北太平洋の全域。アメリカ側に多く、日本では稀である。
生息環境 産卵のための遡上は春-秋にかけて行われ、河川によっては2000km以上もさかのぼるという。北米大陸の河川で産卵することが多く、アジア側では少ない。日本でも北海道、新潟県、山形県の河川で成熟した個体が遡上したことがあるという。
食性 海では主に魚類や甲殻類などを捕食する。
その他 アメリカやカナダの太平洋側では代表的な釣り魚。日本でも海域生活中、もしくは遡上中に漁獲される。肉は脂が多く、刺身のほか、ステーキ、燻製、缶詰など用途が広い。英語圏では、King salmon、もしくはChinook salmonとよばれ、とくに前者は日本でも広まっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

カナダ バンクーバー沖

2013.05.25

ニュージーランド

2014.09.14

米国 クルティナリバー

米国 ミシガン湖東岸・ホワイトホールの堤防

2005.09.17

米国 クルティナリバー

2012.07.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する